free of charge and easier is considered to be best https://hu.watchesbuy.to review type. sale high quality swiss https://ro.buywatches.is. ru.buywatches.is are considered to be their number one accessory. discover watchesreplica swiss-made luxury watches for men and women. best https://se.watchesbuy.to review to manage worldwide using the throw open go. the best https://tr.watchesbuy.to/ in the world craftsmen entrepreneurs focused. artists relentlessly committed to producing reddit https://www.replica-watches.is/. rolex swiss watches replica worked hard on the details. neoclassicalism and even today's variables are actually plus the factors from replica watches for sale reddit. we offer 2017 hottest swiss tbfreewheelers.

ダルバートって何?ネパールの伝統的なカレー定食の魅力とは? | カレー・スパイス情報のcurepo(カレポ)

ダルバートって何?ネパールの伝統的なカレー定食の魅力とは?

ダルバートって何?ネパールの伝統的なカレー定食の魅力とは?

以前ネパールを訪れた際、初日で食べてトリコになり、ほぼ毎食食べ続けたのが「ダルバート」というネパールの定番料理です。

インドに隣接していながらも、独自の進化を遂げたネパールのカレー文化。
ダルバートは、カレー定食とも呼ばれる、おかず盛りだくさんのワンプレート料理です。

日本ではあまり馴染みのないネパール料理ですが、きっと食べてみたくなるはず!

今回はネパールという国と一緒に、ダルバートという料理を紹介していきます!

ダルバートってどんな料理?

100以上もの民族が住む多民族国家ネパール。
様々な文化が共存するネパールで、民族や貧富の差を超えて食べられている料理が、今回ご紹介するダルバートです。

ダルバートのダル(ダール)は豆のスープ、バートはご飯を意味します。

基本的にワンプレートで提供されるダルバートに欠かせないのは、この豆のスープとご飯ですが、その他にタルカリと言うおかず、アチャールと言う漬物のようなもの、サーグという青菜の炒め物、そして肉や魚が使われたカレーが添えられることがあります。

ネパールでは必ずといっていいほど、ほとんどのお店のメニューにダルバートがありますが、庶民的なお店か高級なお店かでプレートに乗るおかずのラインナップが変わり、比較的高いお店に行くほど添えられる品数が多くなります。

1日2回!ネパール人の食事スタイル

ネパールの人たちは、日本人の感覚とはちょっと異なる食事スタイルです。

朝はお茶だけや軽食で済ませ、10時から13時頃に1回目の食事を取り、それから19時過ぎに2回目の食事を取ります。
この1回目と2回目の食事に食べられるものがダルバートです。

つまりネパールの人がしっかりとした食事を取るのは、基本的に1日2回なんですね。

1回目と2回目の食事の間に小腹がすくと、麺やモモと呼ばれる軽食を取る人もいます。

ダルバートの食べ方は?

 

ダルバートには、食べ方に関する厳しいルールは特にありません。

それでもネパール人の食べ方を見ていると、ご飯にダールやタルカリ、カレーを次々乗せて、時にはご飯の上で付け合わせを全部一緒に混ぜて食べています。

スープやおかずをそれぞれご飯に合わせて食べても美味しいのですが、いくつかの付け合わせを混ぜながら食べることでまた新しい味が生まれて楽しく味わうことができます。

ダルバートで定番のカレー3選

ダルバートに添えられるカレーは、基本的に肉や魚を使います。

どろっとしたとろみの強いものからスープのようなさらっとしたカレーまで様々な種類があります。

チキン

鶏肉はネパールで最もポピュラーに使われる肉です。

トマトや玉ねぎじゃがいもなどと合わせられることが多く、カレーに使われるのは主にもも肉で、骨付きも珍しくありません。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ネパールではカレーに魚をよく使います。
なかでも加工がしやすく、しっかりした甘みがある小アジやニシンがよく使われます。

魚のカレーでは、野菜がゴロゴロ入っているというよりはクタクタに煮込まれたタマネギやトマトをベースにスパイスを効かせたシンプルなものが多いです。

水牛

ネパールのカレーならではといえるのが、水牛のカレーです。

ヒンドゥー教徒が多いネパールでは、ヒンドゥー教で聖なる生き物とされる牛は基本的に食べられていません。

しかし水牛はレストランでもよく見かけ、カレーではトマトと合わせられていることが多いです。

ダルバートに欠かせないカレーと相性抜群の付け合わせ【レシピあり】

ダール

引用元:all about

ネパール語でひきわり豆を意味するダールは、まさにダルバートの基本である豆のスープです。

ダールスープに使われる豆は、ウラドダールやムングダールなどといって大豆に比べると非常に小ぶりで煮えやすい豆です。

たっぷりの水でくたくたになるまで煮た豆に、スパイスや香味野菜を効かせて作られるダールをたっぷりかけたご飯は、日本でいうお茶漬けのようで、さらさらと食べられます。

豆のダールスープ

 豆(緑豆やレンズマメ等)  150g
 生姜・ニンニク       各1片
 鷹の爪           1本
 塩             小さじ1
 ターメリックパウダー    小さじ1
 コリアンダーパウダー    ひとつまみ
 水             600㎖
 油      炒め用

①豆は下茹でしておく。
②鍋に油をしき、刻んだ生姜とニンニク、鷹の爪を入れ、軽く炒めたら、スパイスを入れてさらに炒める。
③下茹でした豆と水を②に入れて、少しとろみが出るまで30分以上よく煮込む。
④塩で味を整えたら、軽く豆を潰すようによく混ぜる。

◇ポイント◇
最後に味を整えるので、煮詰まりすぎたら、途中で水を足しても大丈夫です。

タルカリ

引用元:snapdish

タルカリは本来「野菜」という意味ですが、今では一般的にダルバートに使われるおかずを意味します。

あまり野菜の種類が豊富でないネパールで非常に重宝されているジャガイモが使われることが多く、じゃがいもだけのものからじゃがいもと1.2種類の野菜を合わせることがポピュラーです。

タルカリはスパイスで風味をつけ、味付けは塩のみという非常にシンプルな味付けですが、お店や家庭によって千差万別の個性を持つ面白い料理です。

ジャガイモとカリフラワーのタルカリ

 ジャガイモ   中2~3個
 カリフラワー  1個分
 生姜・にんにく 各1片
 塩       小さじ1と1/2
 クミンパウダー 小さじ1/2
 ターメリック 小さじ1/2
 油      炒め用

①野菜は食べやすい大きさにカットし、生姜とニンニクはみじん切りにする。
②フライパンに油をいれ、生姜とニンニクを焦がさないように香りが出るまで炒めたら、野菜を入れて、ジャガイモに火が通るまで炒める。
③塩とスパイスで味を整える。

◇ポイント◇
スパイスの代用として、カレーパウダーを使用しても美味しいです。
炒め油にバターを使うと、味にコクが出ます。

アチャール

アチャールはダルバートにおける口直し的存在のおかずです。

ピクルスのような爽やかな酸味があるものも多く、ダルバートやカレーなど味の濃いおかずの中でいいアクセントになっています。

また、煮込んだり炒めたりするものが多いダルバートの中で、生もしくは生に近い状態で食べられるため、パリッコリッとした食感があるものが特に好まれます。

玉ねぎのアチャール

 玉ねぎ    中半玉
 塩      小さじ1/2
 レモン果汁  小さじ1
 一味唐辛子  好み

①玉ねぎを食べやすい薄さにスライスする。
②調理用ポリ袋などに材料をすべて入れ、よく揉みこんだら冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

◇ポイント◇
早く食べたい時は薄くスライスすると味がよく馴染みます。
1晩以上寝かせると、玉ねぎの辛味も落ち着き、よりまろやかな風味に変化します。

まとめ

聞き慣れない料理と思いきや、ごはんにスープ、野菜のおかずに、肉や魚を煮込んだカレー、口直しのお漬物…
ダルバートの構成って、日本の定食ととっても似ていると思いませんか?

同じカレーといっても、ネパールではメイン料理とも特別な料理とも違う、定食に当たり前に含まれる日常的な存在だということも感じてもらえたのではないでしょうか?

最近では、日本でもダルバートが食べられるお店が増えてきたので、もし見つけたらぜひチャレンジしてみてくださいね!

記事をシェアする
かとうかのこ
かとうかのこ

農業と旅と食を愛するライター。お店のカレーもレトルトカレーも大好きだけど、ルーを使わないで作る自作のカレーがいちばん好き。子どもの頃から大人のカレーを食べさせられて育ったため、大人になるまで「こども用カレー(甘口)」の存在を知らなかった、生粋の辛口派。

新着のトピックス

無印良品の「フライパンでつくるナン」でチーズナンを作る方法と感想
無印良品の「フライパンでつくるナン」でチーズナンを作る方法と感想

自宅で簡単にナンが作れる商品を知っていますか? それは無印良品の「フライパンでつくるナン」! 水・サラダ油を入れて混ぜ、焼くだけで美味しいナンができるんです。 …

話題の商品!ぬって焼いたらカレーパンのトーストレシピ5選
話題の商品!ぬって焼いたらカレーパンのトーストレシピ5選

今、SNSで話題の「ぬって焼いたらカレーパン」もう試しましたか? 食パンにぬって焼くだけでカレーパンが完成しちゃう商品なんです! Instagramでは商品を紹…

予約必須!?話題の「ぬって焼いたらカレーパン」をレビュー!
予約必須!?話題の「ぬって焼いたらカレーパン」をレビュー!

みなさんはSNSで話題の「ぬって焼いたらカレーパン」を知ってますか? かなりの人気商品で、Instagramでは「ぬって焼いたらカレーパン」に関する投稿が500…

オーブントースターで温めるだけ!「無印良品 ナン」を食レポ
オーブントースターで温めるだけ!「無印良品 ナン」を食レポ

皆さんは無印良品の「ナン」を知っていますか? 無印良品のナンと言えば生地から作る「フライパンでつくる ナン」ですよね! 実は、オーブントースターで温めるだけで完…

リピート間違いなし!?本格派レトルトカレーランキング10選
リピート間違いなし!?本格派レトルトカレーランキング10選

レトルトカレーはスーパーマーケットやコンビニでも手に入る上食事を簡単に用意できる便利なものですよね。 しかし、中には良くも悪くもレトルトらしい味わいの商品があり…

【新潟県長岡市】長岡駅から徒歩5分!コスパ最高のテイクアウト専門『カレーショップ レミィ』をレビュー
【新潟県長岡市】長岡駅から徒歩5分!コスパ最高のテイクアウト専門『カレーショップ レミィ』をレビュー

新潟県長岡市と言えば、日本三大花火大会としても名高い花火大会が有名ですよね。 また、新潟市に次ぐ人口数を誇る「新潟第二の都市」と呼ばれるほど大きな街なんですよ!…

人気の商品

ハウス 選ばれし人気店芳醇チキンカレー 180g ×5個

ハウス 選ばれし人気店芳醇チキンカレー 180g ×5個

S&B 噂の名店 湘南ドライカレー お店の中辛 150g×5個

S&B 噂の名店 湘南ドライカレー お店の中辛 150g×5個

江崎グリコ カレー職人老舗洋食カレー中辛170g×10個

江崎グリコ カレー職人老舗洋食カレー中辛170g×10個